カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
まめおやじ来襲
友沢ミミヨ先生のTVブロスでの連載4コマ漫画をまとめた著書「まめおやじ〜原始教育入門」が送られてきました。
友沢ミミヨ先生とは、「イヤモスキー」という本を一緒に作った仲です。

まめおやじの本はたまんなくかわいくて、底知れずくだらなくて、ぬくぬくできます。

私としましては、パリに住んでいた頃のまめおやじと2週間一緒に生活したので、愛着もひとしおです。
二人きりでお散歩をしたことだってあります。うんこの匂いもよく知っています。

日本では一緒に青森へ旅行しました。3週間洗わない頭のかぐわしき香りは、さすがフランス育ち、とついつい納得しそうになりますが、それは四国出身のまめおやじ母=友沢ミミヨがめんどくさがりやだからに過ぎません。ああまたこういうことを言うと、「こうるさい」とまめおやじ母が怒り出しますね。ごめん。

まめおやじ母と私の共通の友人の実家とお墓を訪ねた青森では、初めての雪だるまづくりにいそしむ姿をデジで撮らせてもらいました。キャラメルのパッケージ写真に即採用決定なかわいさを誇るまめおやじに見とれながら撮影していたら、鳥が登場。雪だるまの鼻に使ったトンガリコーンをつつきだしました。顔面崩壊。でも、まめおやじは固まったままです。ただただにらみつけるだけ。
そのあと、空港のレストランで待ち時間にデジで今日の名場面上映大会をしました。にこにこ笑顔の雪だるまが、目玉をえぐられ鼻をかみくだかれる鳥ゾンビ来襲シーン、ジョージAロメロもびっくりの残酷映像を再生したら、まめおやじがテーブルをドンドン。こぶしを振り上げ、うなり声をあげ、画面に怒る、怒る。
すっかり手遅れになってから怒り心頭に達するまめおやじが、いとおしくてたまりませんでしたよ。

こんなにかわいいまめおやじのステーキ代になるので、皆さんぜひ本を買いましょう。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2005-06-21 01:13 | 日記
<< きのうでオープン2ヶ月 童貞のれろれろ >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧