カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
友達っていいな。 名前呼んでくれるだけでうれしい。
『おっちゃんたちの将棋天国』という、
大阪の公園で青空将棋に集うおっちゃんたちを見守った
NHKのドキュメンタリーで、
ぼやきの島津さんから涙まじりにこぼれでた名言です。

ぼやきの島津さんは、
家族に去られた、ひとりぼっちの65歳。
人恋しくて、この天国にひかれ、
やったことのない将棋を指し始めたそうです
「勝てない」とぼやき続けでしたが、
15歳下の将棋の達人、
開高健似の田村さんが教えてくれるようになりました。
田村さん自ら書きためた「上達のヒケツ」を
気分よく読みあげるのを、じっと聞きいります。

将棋大会で優勝した田村さんの傍ら、
勝った本人よりも誇らしげな、ぼやきの島津。
たまりません。

2009年、ニクい年もあと数十分。
いろいろありすぎて濃厚すぎて、
いろいろ失っていろいろ気づいた、
特別すぎる1年は、
ものすごく友達の世話になった1年でもありました。

さすがに今年ほど面倒かけないと思うけれど、
そのつもりでもどうなるかわかんないから、
どうか来年もひきつづきよろしくお願いします。

みなさん、良いお年を。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2009-12-31 23:16 | 日記
<< あけましてどんどん 最強マンガ喫茶 >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧