カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
『アウトレイジ』
連載の原稿をいざ書こうとして、
タイトルを間違って覚えていたことにやっと気づく。
つくづく英語バカ。

『アウトレンジ』=射程外、と覚えていたのでした。
超訳すると、時代遅れってこと?
なるほど時代遅れのヤクザの話ね、とかなんとか
映画を見る前から勝手に納得してて、
見終わってからもそう思ってた。

でも、
石橋「レンジ」(すっごいキュートな役!)じゃなくて、
「レイジ」・アゲインスト・ザ・マシーンのほうでした。

旧体質のヤクザと、
いわゆる経済ヤクザノリな人たちを、
ファッションで書き分けてるのが面白かった。

旧体質のほうは開襟シャツなのに、
新手の人たちはボタンダウン。
で、そのボタンが二個だったり、
ラペルが二枚だったり。
ケレン味あふれるヤクザスーツに、目がくぎづけ。

ここ、大事。
ファッションが面白くない、
ギャングとかヤクザとかチンピラの映画は、
ほぼハズレですからね。

全体では、
ヤクザ映画として、
お客さんのロマンをきっちりそそっておもてなしつつ、
ぴしゃっとはねつける部分も。

「強い者が優位に立つのではなく、優位に立つ者が強いのだ」
をたった一発で描いてしまうシーンがナイスでした。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2010-04-15 03:12 | 日記
<< 『ヒーローショー』 踊るイメルダ >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧