カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
映画『ナオミ・ワッツ・プレイズ                       ・エリー・パーカー』
数日前ですが、
『ナオミ・ワッツ・プレイズ・エリー・パーカー』の試写を見ました。

「プレイズ」じゃなくて「イコール」じゃん、と誰もが思うであろう、
ハリウッド随一の幸薄女優ナオミの限りなく自虐、いや自伝に近い映画。
『マルホランド・ドライブ』公開以前、
00年頃からぼちぼち仲間内で撮っていたそうですが、
もっと昔、70年代の自主映画みたいな仕上がりです。

ところで私は、誰の賛同も得られずとも、
女の分類として「ヤラレ系」というものを提唱してまして。
まあ、くわしくは書きませんが、
「ヤラレ系」は、「被虐」とか「幸薄」とか「マゾ」とか「ユルい」とか「いいひと」とか「スタイル悪くないのに姿勢が悪い」とか「パニックになると吐きそう」とか、
そんなくくり方では限定できなかったりこぼれ落ちてしまうものをいろいろ含むわけです。
例えば、世界最弱の女性キャスター、滝川クリステルなんぞに
「ヤラレ系」の称号を捧げています、勝手に。

で、今回の映画。
「実録 ザ・ヤラレ系」というタイトルをつけたくなりました。
売れてからも撮り続けてたことも、公開にオッケーするのも、
さすがは「ザ・ヤラレ系」。
でも、というか、だからというか、
この映画のナオミ・ワッツはかなりかわいい。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2006-08-25 03:03 | 日記
<< きのうのつづき 「怪しいTV欄」買ってくださいっ! >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧