カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
柴咲コウと次長課長の井上は似てる
と言い出して長いのですが、
いまだにたった一人しか賛同者を得られていません。
そんなサエない私のもとにも、著書を送ってくれるキトクな人がいます。

漫画家の友沢ミミヨさんをたずねてパリに行ったときに知り合った、
にむらじゅんこさん

パリ、上海、東京に住まいがあるという忙しいにむらさんに先日久々にお会いすることができ、近著をいただいてしまいました。
『フレンチ上海』『パリで出会ったエスニック料理』
ありがとうございます。

どちらも、現地に行く予定がまったくなくても、楽しめる読み物です。
そして現地に行くなら、
街の文化ガイドとしてきっとたよりになると思う。
私もパリに行ったときは、
にむらさんの最初の著書『パリを遊びつくせ!』にたよりまくって、
『FIGARO』には載るはずもない、
へんな場所にたどりつくことができました。
今度もしパリに行くようなことあれば、
『パリで出会ったエスニック料理』を絶対持っていきます。

外国に行っても、ひとり旅行じゃなくても、何回かはひとりメシをするのがフツーだし好きでもある私にとって、
エスニック料理(高級店のぞく)の店は欠かせないところ。
ひとりでビール飲んで食って、が気楽にできるし、安い。
英語ですらほとんどしゃべれないアジア系の若づくりの女、
である私のような客にも、まあたいていは冷たくない。
そういう店で少し多めに頼んで、残りをドギーバックにつめてもらって、翌日の朝や昼に食べたりします。
便利だし、店員やほかの客の様子を見てるのも楽しいし。

まあそんなだから、前回は初めて、そして最後かもしれないパリなのに、
結局フランス料理はカフェ程度でレストランで食べることはないまま帰ってきてしまい、
それはさすがにどうか、ともちょっとだけ思うわけですが。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2006-08-30 02:12 | 日記
<< 賛同されない、似ている芸能人の... お風呂で考え直してみると >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧