カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
千葉県警習志野庁舎発砲事件
庁舎の事務室で、警部補の拳銃が暴発し、民家の壁に当たった…。

というたいへん千葉県警らしいニュースを見て、
すごーくぬるい状況でたらたら拳銃をもてあそんでいる様子を
想像していた、その翌日。
『松ヶ根乱射事件』の試写を見たら、かなり千葉な映画でした。
おもしろかった。
いや、別に千葉が舞台ではなく、
松ヶ根は「どこかの田舎町」という架空の町でありつつ、
ロケ地は新聞販売所に「信濃毎日新聞」の看板もあったりして長野県内なんですが、
でてくる人たちは、かなり千葉でした。
「どういう意味だよ」と思う方は、千葉について、
根本敬さんの著書、
そして「畸人研究」のバックナンバーをご参照ください。
私も『イヤモスキー』って本で書いてますが。

この日、数時間前には、『ルワンダの涙』の試写も見ていました。
ルワンダで虐殺されていく人たち、
罪にまみれてぬるーく生きてる松ヶ根町のダメ家族とそのお仲間。
命の価値って…?、と頭がぐるぐるしてしまいましたよ。

ところで、『松ヶ根乱射事件』には、
劇団ポツドール(『夢の城』の公演見ました。すげえ)の安藤玉恵が出てたんですが、
30歳なのに少女にしか見えなかった。
この人、『赤い文化住宅の初子』にも出たそうで、楽しみです。

そして、命も罪も安い町で、ひときわ女にゆるい、
パンツのひもがゆるゆるのダメ父ちゃん役は、
三浦友和でした…。
自分ちの父ちゃんがどっちかっつうとそっちだからなのか、
真逆のタイプに見える三浦友和が好きだったのに。
なんてことするの。
泣きました。安い涙。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2006-12-01 02:22 | 日記
<< 見つけましたよ リップサービスいただきました >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧