カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
今年のアカデミー賞のいい人NO1                     映画『魔法にかけられて』
だいぶ前の話ですが。

今年のアカデミー賞中継は、放送作家として
例年とは違う意味で、面白く見ました。
授賞式の開催が決まってから本番まで時間がない中で、
どうつくるのか。
会場チームもたいへんだろうし、
過去素材で相当の時間を埋めなきゃいけないVTRチームも大汗。

中継を見ながら、
「こりゃ、徹夜しまくりだろうなあ」とか
「あー、このへんは手が回らなかったのね」とか
「今のは、ウラでAD蹴られてるぞ」とか、
他人の不幸をついつい楽しんでしまいました。

そんな中、ものすごく働いていたのが、
『魔法にかけられて』のエイミー・アダムス。
この映画から主題歌賞に3曲もノミネートされたもんだから、
歌って踊って、衣装替え多数でフル回転。
しかも、セットもカメラワークも間に合わせなもんだから、
がんばっても、仕上りは全然冴えない。
で、そんだけやって賞はもらえず、笑顔で拍手。
いい人じゃなかったら、びっくりだ。

そんな『魔法にかけられて』ですが、
初期ディズニーアニメの
激スイートでドラッギーな味わいが好きな人には
冒頭15分がよだれダラダラです。
そして途中から、
宮藤官九郎さんのドラマの豪華版を
見てるような気になるという。

しかし、
この映画のパトリック・デンプシーといい、
『ホリデイ』のジュード・ロウといい、
近頃のラブロマンスもののヒロインの恋のお相手は、
男やもめ、
ちっちゃなかわいい女の子を男手ひとつで育ててるイケメン
つーのがもはや定番ですね。

この人と結婚すれば、
理想の家庭がほぼ完成形でいきなり手に入っちゃう、
そういうことなんでしょうねえ。
なんて、欲張りさん。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2008-04-25 00:37 | 日記
<< 『ノーカントリー』&『タクシデ... チャウ・シンチーの北京五輪開会... >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧