カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
未成年パスしかもらえなかった自慢
ひとつも宿題を抱えてない素敵な日曜日、横浜へ。
KAIKOOmeetsREVOLUTIONというのに、行って来ました。

元財務局の建物の4フロアを使った、
小さめのアート&ロックフェス。
お目当てはこだま和文さんのライブでした。
今月初めのMUTEBEATの一夜限りの復活ライブに
行けなくて、猛烈にがっかりしてたのでリベンジ。
今回はKODAMA KAZUFUMI WITH 1945 a.k,a, Kuranaka
としての出演でした。

40分くらいのステージでしたが、
とても幸せになりました。
気持ちよかった。

こだまさんがMCで、
「フリー・チベット」からはじめて
「フリー・チャイナ」
「フリー・アメリカ」
「フリー・ジャパン」へ
つなげていったのも、よかったです。
そういうことだよなあ、と思いましたよ。
「フリー・チベット」だけだと逡巡してしまう私も。

ただ、調子こいて、飲みすぎてしまった。
横浜で飲んで、中目黒に移動してまた飲んで。
体調が悪く、
(ごはん食べられんし、微熱でだるくて、
弱点の目が腫れて。右目は昭和の漫画によく出てくる、
数字の3を裏返しに描いたような状態に)
ちょいちょいまわりに迷惑をかけた1週間の最後が
これじゃダメでしょう。

でも、楽しい、よい一日でした。
そして、
身分証明がなかったことで、
入場時に「未成年用」パスしかもらえなかった。
単に、規則に従順な受付さんにあたっただけなんだけど、
「若く見えたから」と事実を曲げて、
なおホクホクに。
ダブル・スコアのくせに、よく言うよ。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2008-04-29 01:19 | 日記
<< 明日のおすすめ 『ノーカントリー』&『タクシデ... >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧