カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
『カモとねぎ』
緑魔子伝説2日め。
3分くらい遅刻してなんとか、
最終回の『カモとねぎ』に間に合いました。

道玄坂のラブホ街を迷惑な猛ダッシュして観に行った甲斐アリ、の快作。

タイトルあけはテンポが悪くてどうなるかと思ったものの、
その後からぐんぐん良くなる。

魔子りんのコスプレ、くるくる変わるお洋服が爆キュート。
ビニールの黒い超ミニワンピ&長キセル(!)に始まって、
シャツ&カプリ丈のジーンズみたいな、
ジーン・セバーク系の着こなしも見事に決まる。
エンパイア・シルエットのミニワンピの胸元に大きな☆のブローチ、
はまんま今年だし。

ダンディーなおじさま、
森雅之のコスプレもたまりません。

森雅之演じる詐欺師チームのキャップは長い髪フェチで、
魔子りんのショートヘアを「たまねぎのしっぽ」なんて言うんだけど、
とんでもない、
短い髪がおきゃんでかわいいったらないです。

だましだまされ、のコンゲーム。
うっさんくさい便利屋の小沢昭一、
ブラック黄門、東野英治郎も余裕の仕事ぶり。
魔子りんもノッて、お得意の英語を披露します。

めんどくさくならない程度に社会ヒヒョウも盛り込んで、
「近頃はシロウト連中のがよっぽど悪どいことしやがる」
なんてなセリフが冴えてます。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2009-05-04 02:20 | 日記
<< 『チェイサー』 許されてぇ >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧