カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
『二匹の牝犬』&                      『御用牙 鬼の半蔵やわ肌小判』
ひきつづき、緑魔子伝説

3回目の参加で観たのは、
魔子様のデビュー作と勝プロ映画の豪華2本立て。

オーディションで弁当のおかわりをした豪胆さが決め手となって、
新人の魔子様がいきなり準主役をつかんだ
『二匹の牝犬』。
すてきなタイトルじゃありませんか。

主演は小川真由美(今は小川眞由美)。
この人が主演したドラマ『ししゃもと未亡人』の怖さについては、
ナンシー関さんと対談などで何度話したことか。
そんな小川真由美演じるトルコ嬢と緑魔子が姉妹で、
杉浦直樹を取り合うという強烈なお話。
監督は、
後にドリフ映画をたくさん撮る渡辺祐介ですが、
妙に凝った構図が、若かったんだなあという感じ。

小川真由美と緑魔子が
ものすごく長いキャットファイトを展開するなど、
見所多数ですが、
私の気に入りは、
沢村貞子がのりのりで演じるヤリ手ばばあ。
食い詰めて千葉から出てきた姉妹を、食い物にしまくる。
ひどすぎてうれしくなります。
どこかしら、いかりや長介の大家のばばあを思わせたり。

『御用牙 鬼の半蔵やわ肌小判』は
小池一夫の劇画が原作の、エロ時代劇。
増村保造脚本、勝プロ製作ということで、
濃い!
そしてサービス満点!

なにしろ、勝新の登場シーンは、金トレです。
下品ですみませんが、そうなんだから仕方ない。
その後も、やりたい放題です。
あんまの集団を借金の取り立てに派遣するとか、
やることがえぐい。
そして、仏像相手にボクシングとか、動く勝新がいちいちかわいい。

これ、シリーズ3作目で、
三隅研次が監督した1作目から、金トレやエロ拷問はお約束らしいです。

後の黄門様、西村晃の小役人ぶりもナイス。
『探偵物語』の服部刑事みたいなキャラです。
その成田三樹夫も出てます。

大満足の3時間でした!
[PR]
by hiromi_machiyama | 2009-05-16 00:47 | 日記
<< バラエティの音効さんはノーマン... 野鳥の会in紅白、は宮沢さんの仕業 >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧