カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ソフィア・コッポラ祭り
今年は年越しまでがかえって忙しく、頭のスイッチがきれないので、
やみくもに更新。
まあ、あちこちタマぎれしまくりのスイッチですが。

いや、スイッチがきれないのは、
先週飲みすぎたせいかもしれない。
久々に会議中に、トイレで吐いた。
いい年して朝まで飲んでて、もつわけない。

それにしても、映画を見る限り、欧米の皆さんはどうして
あんなに、気持ちの上がり下がりで吐くのか。
いろんなことに裏切られ、打ちのめされては、吐く。

私が鈍すぎるのか。
つらすぎて吐いたことも、食べられなくなったこともなく、
よくわからない。

いっそ、映画『ビヨンド・ザ・マット』で、
「いつでも吐けます』と売り込んでWWFに採用され、
吐く=ピュークと名づけられる新人レスラーの
ピューク感のほうがわかる。

話は飛ぶが、
この年末、たらたらと本屋で雑誌をながめて、
ソフィア・コッポラ監督の映画『マリー・アントワネット』祭りに
たじろぐ人は多いことと思う。
確かに写真はきれい、でも、
もろ手をあげてのすてき祭りって…?
そんな人に読んでいただきたいのが、
『In Red 1月号』の139ページに掲載の、私の連載原稿です。

『イカとクジラ』『デート・ウィズ・ドリュー』についても
書いています。よろしくです。
ちなみに『デート』の試写では二列後ろに、
『笑点』の初代司会者がいたような。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2006-12-28 00:52 | 日記
藤原紀香 → くるよちゃん
女性漫才コンビといえば、
結婚会見の紀香ドレスは、いくよくるよのくるよの衣装に見えた。

今後はそういう活動にズレこんでいく、ってことか。

藤原紀香主演の『だめんずうぉ〜か〜』と、
同時期に同じくらいの視聴率で放送されていた、
内山理名主演の『嫌われ松子の一生』。
映画版は『親切なクムジャさん』を思い出させたが、
ドラマ版は昭和という時代設定が映画以上にあいまいだったので、
ほとんど『だめんずうぉ〜か〜』だった。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2006-12-27 19:06 | 日記
前田健 → エビちゃん
録画してあった『M-1グランプリ』で、
話題になっていたアマコンビ、変ホ長調のネタを見ました。

女性漫才コンビのネタは、女性芸能人について毒づくのがまあ定番で、
変ホ長調もその系譜に属するようです。
ただ、例えばハイヒールとか春やすこけいことか、
どのへんを思い出してもよいですが、
ハイテンションでトバすのが常道なので、そこが違いました。
面白かった。

毒づく女=ちゃきちゃきのハイテンション女。
そういうイメージを持っている人は多いらしく、
原稿や対談で毒づいていることの多い私なんかは、
よくがっかりされます。
元気のいいおばちゃん、ねえちゃんだと思ってたのに、って。
『CREA』の対談連載を愛読してくれていたという関川夏央さんに
会ったときなんか、
そりゃもう、がっかりされまくりました。

ふにゃふにゃしてちゃ悪いか。
いや、悪いですよね。
期待通り、元気のいいおばちゃんのほうが、
なにかと使っていただけそうな気がする。
そんな自分に、私ががっかり。

ところで、変ホ長調のネタに、
「エビちゃんは口角あげすぎ、ベストポジション見失ってる」
というすてきなご指摘がありましたが、
今日、『キング・コングができるまで 製作日記』を見ていて、
気付いたことが。
猪木化進行中のエビちゃんの口角あげは、
ジャック・ブラックの笑い方にも似てやしないか。
だとすると、
ジャック・ブラックにこれまたちょい似の前田健は、
エビちゃんの顔マネができるような気がする。
とはいえ、エビちゃんのイメージってのがだいぶボヤっとしてるので、
たいして笑えないかもしんない。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2006-12-27 18:55 | 日記
サイナラサイナラサイナラ

購入した『日曜洋画劇場 40周年記念 淀川長治の名画解説』が届いて、
よどちょーさんからサイナラ攻めに会う日が楽しみな、
今日だったりしますが。
この年末は、サイナラ報道が相次いでいますね。


昨日、『ドリームガールズ』の試写を見に行ったら、
上映前に、
昔々『タモリ倶楽部』のコーナー『こわいですねアワー』の進行をしていたあの人にばったり会って、
「JB死んだんだって」と聞かされました。
『ドリームガールズ』にはエディー・マーフィが演じる、
ジェームス・ブラウンをモデルにした登場人物が出てくるので、
特別な気持ちで観ることに。

その朝は、日刊スポーツで、
カンニング竹山の弔辞にいたく打たれたのでした。
素晴らしい弔辞でした。

    
    いろいろなオレとお前の感動秘話みたいになって、
    いっぱい流されよるけど、
    お前が何を言い寄るか分かるわ。
    「気持ち悪いな」って笑っとると思う。
    オレもそう思っとるよ。


「気持悪いな」が通じる友達がひとり、いなくなったこと。
いなくなったことが、
「気持悪い」が通じないたちにとって「気持ちよい」ように
使われてしまうこと。
それを止められないこと。
申し訳ないやら、くやしいやら、申し訳ないやら。
自分が数年前に感じた思いと勝手に重ねてしまい、
いたく心打たれました。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2006-12-27 02:23 | 日記
見つけましたよ
ひょんなことから、『いがらしみきおの映画ゾンビ』というサイトを見つけて、うれしい。

私がイラッときたときに、蜜を求めて読む本の定番に、
いがらしみきおの『3歳児くん』『たいへんもいじーちゃん』がありまして。
まあ、単に幼児愛好者なんですけどね。

いがらし先生の映画の感想、「そうそう」も多いですが、
『チャッキーの種』のことは「ひとつもおもしろくありませんでした」と書かれていて、しょぼん。

最新のエントリは『トゥモロー・ワールド』です。
いがらし先生も、クライヴ・オーエンが好きだそうで、うれしい。
今、上映中の中では、確かにこれ、一番のおすすめでしょう。

そういえば、つい数日前、深夜に今敏監督の『東京ゴッドファーザーズ』をやっていて、それを見ながら、なんか通じるとこあるなあと思ったんですが、往年の名作『三人の名付け親』を原案にしてるんですよね。
『トゥモロー』は原作小説ありとはいえ、アルフォンソ・キュアロン監督の頭には『三人の』もあったのかも、と想像ふくらませたりしました。
この監督は、『トゥモロー』でプログレをたっぷり使ったり、ニューシネマっぽい『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』を撮ったり、70年代のこってりした憂鬱が好きな人なのかも知れません。しかも当時を、メキシコでティーンエイジャー(今年45歳)として体験した距離感のせいか、その「好き」に余計なテレが全然ないのが、面白い。
『天国の口、終りの楽園』を観たときには、「ATGっぽい」って思った記憶もあります。むやみに脱がされてるのが女の子じゃなくて男の子、というのが大きな違いですが。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2006-12-03 01:05 | 日記
千葉県警習志野庁舎発砲事件
庁舎の事務室で、警部補の拳銃が暴発し、民家の壁に当たった…。

というたいへん千葉県警らしいニュースを見て、
すごーくぬるい状況でたらたら拳銃をもてあそんでいる様子を
想像していた、その翌日。
『松ヶ根乱射事件』の試写を見たら、かなり千葉な映画でした。
おもしろかった。
いや、別に千葉が舞台ではなく、
松ヶ根は「どこかの田舎町」という架空の町でありつつ、
ロケ地は新聞販売所に「信濃毎日新聞」の看板もあったりして長野県内なんですが、
でてくる人たちは、かなり千葉でした。
「どういう意味だよ」と思う方は、千葉について、
根本敬さんの著書、
そして「畸人研究」のバックナンバーをご参照ください。
私も『イヤモスキー』って本で書いてますが。

この日、数時間前には、『ルワンダの涙』の試写も見ていました。
ルワンダで虐殺されていく人たち、
罪にまみれてぬるーく生きてる松ヶ根町のダメ家族とそのお仲間。
命の価値って…?、と頭がぐるぐるしてしまいましたよ。

ところで、『松ヶ根乱射事件』には、
劇団ポツドール(『夢の城』の公演見ました。すげえ)の安藤玉恵が出てたんですが、
30歳なのに少女にしか見えなかった。
この人、『赤い文化住宅の初子』にも出たそうで、楽しみです。

そして、命も罪も安い町で、ひときわ女にゆるい、
パンツのひもがゆるゆるのダメ父ちゃん役は、
三浦友和でした…。
自分ちの父ちゃんがどっちかっつうとそっちだからなのか、
真逆のタイプに見える三浦友和が好きだったのに。
なんてことするの。
泣きました。安い涙。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2006-12-01 02:22 | 日記
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧