カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
東京国際映画祭まとめメモ
きのうは徹夜明けなのに呑んでしまい、
「タクシーに乗ったはいいが、行き先が言えない」人に
なってしまいました。
猛省。

ところで先週終った、東京国際映画祭。
感想をメモしておきます。
見たかった、というよりスケジュールの合う映画を見た感じですが。

『ダークハウス/暗い家』
大雑把に言うと、ポーランド製『フォーゴ』。
そこに共産主義政権下の社会背景が加わって。
登場人物がやたらめったらウォッカを呑みたおすので、
くらくらしてくる。

『メアリーとマックス』
オーストラリア製の、人形アニメ。
メルボルンに住むブサイクな8歳のメガネ少女と、
ニューヨークで暮らす44歳の独身ユダヤ人ひきこもり男の友情物語。
二人には、うまく生きられないという共通点があって。
午前中から泣かされました。きっと配給されるはず。

『キング・オブ・エスケープ』
43歳の、おっさん専のゲイが、
なぜか10代のエロ娘と恋に落ちて、逃避行。
ついつい「なんだそれ?」と声が出てしまう、
けったいなフランス映画。
おっさん、じーさんのホモシーン多数で、
午前中からここちよい疲労感。

『玄界灘は知っている』
韓国の昭和な監督、キム・ギヨンの作品。
昨年の映画祭の目玉だったという、人気の監督ですが、
私は初のキム・ギヨン体験。
エネルギッシュで、おもしろかった。
「なぜそんなセリフに?」と笑う箇所も多数。
日本軍に従軍する、韓国人学生兵の物語で、
軍隊の差別エピソード(そんなにえぐくない)と、
日本娘との恋愛が中心に。
主役の俳優が前原国交相にそっくりで、
いじめのシーンに別の面白さを感じてしまいました。

『誤発弾』
1960年の韓国映画。
韓国映画史上ベスト1だそうです。
なんの救いもない、貧しい家族の崩壊物語。
続々とひどいことが起きるのに、
映画が沈滞しないで、
動いていく感じがいい。
ょっとクールな手つきで、
この頃の日本映画だったら、
フリージャズがかかってそうな感じもある。
この頃のソウルの様子を映像で見た経験があまりなかったので、
その意味でもスゴく楽しめました。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2009-10-30 23:52 | 日記
パンツはめくってない
前回のエントリで、

自分でパンツをめくってみせたんでした。

と書いてしまいましたが、
それは当然、

自分でめくってパンツを見せたんでした。

の間違い。
さすがに当時のテレビもケツ丸出しにはできません。

でも、高田純次さんに
「君、毛深いねえ」と言われてしまいました。
「おまえが出ろ!」と言われてから本番までの1時間に、
もしもの事が心配で、
日テレのトイレで多少剃毛して備えただけにくやしかった。

YOUTUBEのない時代で良かった、とつくづく思います。
AD時代から、作家になってからの20代前半にかけて、
ひととおりのコスプレはやらされたので。
ラムちゃんのトラ柄ビキニとか、
はげカツラ&モモヒキのカトちゃんスタイルとか、
SMの女王様とか。

最後のは『開運こにてんてん』っていう深夜番組だったんですが、
女王様として、
松沢呉一奴隷をムチでたたいて、
インディーズCDのランキングを発表していくという
バカ仕事。
「ピシッ!、一位は何なんだい?」みたいな。
しかもレギュラーコーナー。
対談の仕事で初めて宮﨑吐夢さんに会ったとき、
「ウンこにてんてん、見てましたよ」と言われて、凍った。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2009-10-29 00:07 | 日記
樋口卓治さんありがとうございます
23日金曜日の毎日新聞の夕刊で、
同業者&同世代の 樋口卓治さんさんが私のことを
ものすごくいい感じに書いてくれました。
「乱調テレビ用語」という連載コラムです。

「書いていい?」と事前におたずねがあり、
さらには、掲載紙を送付という気配り。
本当に頭が下がります。
さすがです。
夜中に呑みに誘っても来てくれるし、
って呼び出すのは私じゃないですけども。

ものすごく良く書いてくれているのに、
「書いていい?」というおたずねがあったのは、
AD 時代(19歳)のパンツ見せのことかと。

ティッシュタイムでイケイケどんどんだった深夜の生放送
『海賊チャンネル』で、
高田純次さんが中京テレビの深夜番組でやってるネタ
(週刊宝石『オッパイ見せて』のお尻版みたいなやつ)を
日テレのスタジオでもやってみる、という企画があって、
素人のおねえちゃんの仕込みに失敗した私は、
自分でパンツをめくってみせたんでした。
テレビがやりたい放題やってて、
深夜の生放送のスタジオには
どこの人だかわかんない、
怪しいサングラスオヤジやエッチなおねえさんが
やまほどうろちょろしてた時代の話。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2009-10-28 00:35 | 日記
特別な1年が終わりました
8月なかばに母親が亡くなり、
いろいろと片付けをしてきましたが、
今日ひと段落がつきました。

母親が住んでいたアパートの部屋、荷物の処分が終わり、
財産放棄の手続きが進み始めました。

まだ遺骨は私の家にありますが、
とりあえずひと段落です。

7年程前、不動産屋だった母親が巨大な借金に追われる事態になり、
ひとまずのカタをつけてからは、
会っていませんでした。
去年の10月に悪性リンパ腫で入院して、再会。

病院に通い、
何度かの一時退院を一緒に過ごし。
仕事を休まない範囲でできるだけ時間をさいて、
亡くなるまで、
そしていろいろと片付くまで、
長い一年でした。

「ひろみちゃんに来世で恩返ししたい」
と言ってもらいました。
来世なんて信じてないけど、
そう言ってもらってよかった。

債権とばしに関わっていた母親の借金は、
今や30億ぐらいに膨れ上がっていると思われ、
今後どんなことが起こるのかはわかりませんが。

今年も残り2ヶ月。
年内いっぱいは、
今まで以上に自分を甘やかしてやろうと思っています。

ということで皆さん、呑みに誘って下さい。
この一年でわかったことは、
自分が結構仕事が好きで、恵まれてるなあ、
ということだったはずなんですが、
まあそれはそれとして。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2009-10-27 00:20 | 日記
ラジオに出てみました
同業者の鈴木おさむさんがパーソナリティをつとめるラジオ番組
よんぱち(番組サイトの更新、テレビよりずっときっちりしてますね)
に出演しました。

ものすごく久々のラジオ出演だしで前半はやっぱりアガりましたが、
ぽんぽん質問をふってくれるので緊張が解け、
逆に後半はのんびりしすぎてしまったような。

2時間後には、同業者の中野俊成さんが出演。
今後もこの番組は、
ちょいちょい同業者が出演することになるらしいです。

さらに営業報告。
調査情報という雑誌で連載しています。

今号では、ヤンキーとバラエティ番組についての考察を。

ちょっと面白いと思うんで、
おっきめの本屋とか赤坂界隈で探してもらえると、
うれしいっす。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2009-10-03 21:16 | 日記
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧