カテゴリ
日記
メールはこちら      
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
松田洋子さんと公開イドバタ会議
宣伝でございます!

松田洋子さんとの雑談を人前でやらかして、
しかもお金をちょっといただいてしまうという、
トークショー的なものをやってみようと。

ほんと、すんません。
でも、来てください!

10月17日17時から、「SNAC」でやらせて
いただきます。

くわしくはこちらで。
予約なんぞ受け付けておりますです。
そもそもが、放送作家が大勢でしゃべる、
みたいな場にまぎれこんだことがあるくらいで、
人前でしゃべった経験がほとんどない。
松田さんも同様。
ちゃんとやれる気がほとんどしていませんが、
やってみます。

幼稚園に通う孫の学芸会を見るくらいのハードル設定でお願いします。
何の縁もないのに、いけ図々しい!
そんなこんなで、なにとぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2010-10-10 20:40 | 日記
谷啓さん取材メモ
数年前、『ブラウンさん』という日テレの深夜番組をつくっていた。
テレビがまだやんちゃ坊主だった頃のことを、
現場にいたご本人たちから聞きたくて出した企画。
番組にかこつけて会いたいと願った人のひとりが、
谷啓さんだった。

お会いできたら、うれしすぎて、
ほとんど何も話せなかったけど。

そのときの取材メモが出て来たので、
ちょっとおこしてみます。
『シャボン玉』や『おとなの漫画』をつくっていた頃のお話

◯演じる役柄の設定と、まるで関係ない衣装を着るアイデアは、
 『おとなの漫画』が最初

◯たらい落としの始まりは自分

◯『おとなの漫画』をやりながら、
 夜もナマで『週刊クレイジー』をやっていた

◯『シャボン玉』、「演歌もいいなあ」の回は渡辺晋自ら台本書いた。
 ポップスが途中から演歌に変わるギャグ

◯メガネにぐるぐる渦巻き書くのは、自分のアイデア

◯ヤクザ役をやるとき、顔に傷書いたのも、自分のアイデア。
 童顔だから

◯お客が見えないところで、オーバーなリアクションするのが好き

◯写譜屋さんはいらない。全パートの譜面を自分で書ける

◯奥さんの顔見ると、いまだに一言も面白いこと言えない

◯子供のころ、幻覚も幻聴もあった

◯増村保造に「いい役者になるよ」って言われた。

(一応お断りしておくと、
 メモに間違いはないと思うけれど、
 確認とれないから、引用はしないでくださいね。)

それにしても、
素敵な話ばっかりだ。

谷啓さん、ありがとう!
[PR]
by hiromi_machiyama | 2010-10-02 01:06 | 日記
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧