人気ブログランキング |
映画レヴュー       『メアリーの総て』  
                『and GIRL』2018年12月号


「若い女に絶望や苦悩は表現できないと思っているのですかっ!」
その咆哮に、心臓が凍りつく痛みと、血が湧き立つ情熱を感じるために、映画館へ走ってください。

これだけで伝わる人には十分伝わるはずですから、もう原稿を終わらせてもいいくらいですが、蛇足を書けば、これは200年前に、19歳の女性があげた怒りの声。

声の主は、メアリー・シェリー。
『フランケンシュタイン』の著者です。

その登場人物は世界に知られ、長く読み継がれ、書き込まれた思いが多くの人を刺激し続ける小説。
メアリーはわずか18歳のときに書き始めました。

何が彼女をそうさせたのか。
女性に投票する権利さえなかった19 世紀のイギリスで、この傑作の着想を得て、ついに書き上げるまでの苦悩と絶望と復活を描くのが、『メアリーの総て』。
史実に基づいています。



エル・ファニングが、メアリーに。
この映画が作られるときに彼女がまだ10代だったことを喜びたい、申し分のないキャスティング。

さらに監督は、映画館の設置が法で禁じられているサウジアラビアで「初の女性監督」になったハイファ・アル=マンスール。
彼女にとって、女性の権利や選択が大幅に制限されている社会は身近なものです。



映画は16歳のメアリーの、詩人パーシー・シェリーとの出会いから。
一目で心惹かれた彼は、父親に弟子入りしてくることに。

父親は書店を営みつつ、無政府主義をとなえる学者。
メアリーはそんな父親を慕いつつ、自分を産んで亡くなった母親に少しの罪悪感と多大な敬愛を抱いている。
女性の権利拡大を訴えたくさんの著書を残した急進的な思想家で、結婚についても独自の考えを持ち、両親は3人婚を。
今は、そのもう1人の妻や彼女の子どもたちと暮らしていて、居心地はよくないけれど、年齢が近い義理の妹は親 友のような存在でもあり。

メアリーはパーシーとの結婚を願うものの、彼には妻子が。
しかし身ごもり、妹もまた、現在の日本にも信奉者の多い大詩人に惹かれ、乱れた交遊で有名な彼と深い関係に。



メアリーは・パーシーとの間に、愛と信頼を実らせることができるのでしょうか。
愛も裏切りも次々と荒波のようにメアリーをのみこもうとしてくるなかで、世界を変える傑作はどのように書かれるのでしょうか。



メアリーはたくさんの死に立ち会います。
運命の過酷さには抗えないと、身をもって知ることに。

そして、強烈な喜びと苦しみをもたらして彼女を変えてしまうパーシーを、この映画はフランケンシュタイン博士と重ね合わせてみせます。
そう、フランケンシュタインとは死体をツギハギして作られた醜い怪物ではなく、怪物を作った博士のこと。
メアリーは自分のうちに身もだえる醜く破壊的な感情を怪物に託してもいたのでしょう。

小説『フランケンシュタイン』のタイトルは実は、『あるいは現代のプロメテウス』と続きます。
ギリシア神話で神の世界から火を盗んで人類にもたらす人類創造の神を、博士に重ねたのですが、メアリーもまたプロメテウス的な存在となりました。

この小説はSFの開祖と言われ、手紙で構成された形式もひとつの発明でしたし、悪が確定せず存在の不安を問う物語も新しく、後の小説や映画に絶大な影響を与えました。

この映画で語られない部分はありますが、恋愛のすったもんだを見届けつつ、冒頭の言葉に立ち合い、
さらに「●●が、私を創った」という至言にどうぞ圧倒されてください。
苦しみ憎しみに溺れたとき、浮き輪になってくれるはずです。


by hiromi_machiyama | 2018-12-29 23:59 | 雑誌原稿アーカイヴ
<< 映画レヴュー  『アリー/スタ... 映画レヴュー       『あ... >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧