キムタク都へ行く…?
木村拓哉の次のドラマは政治もの、
と聞いて、
主役のキャラやお話の骨組みは、
『スミス都へ行く』みたいなもんになるのかな、
と思った人、いるんじゃないでしょうか。

私も、
初回の放送内容を知って、やっぱりね、
とひとりごちたクチです。
スミスは上院議員で、
総理になる話じゃないけども。

この名作を見た日の夜のことは
ぼんやり記憶にあります。
たぶん小学生の頃、
1939年のモノクロ映画に、
テレビの午後のロードショー枠で遭遇。
そりゃもう、えらく感動しまして。
その夜、かあちゃんに熱く説明(演説?)したら、
ものすごくうざがられて、
猛烈にしょんぼりしたという。

汚れちまった今見ると、
あちこちで「うへっ、青くさ」とか
「でも、それはさあ」とか思ってしまうこと間違いなしですが、
その時から数年間は、この映画が
オレのベストワンってやつでした。

もしも、見立てがはずれてないとしたら、
この物語はラストの、
主人公の長い長い演説に、とどめをさすわけです。
だとすると、
大いに欲張って、
「キムタクが大演説、ラストシーンだけ生放送!」なんて企画も
ありえたり、ありえなかったり。

ま、これまで、
ごくごく断片的にしか放送を見てないくせに、
最終回を想像しても当たるわきゃないですが。
[PR]
by hiromi_machiyama | 2008-05-28 02:25 | 日記
<< 小沢昭一はダニエル・デイ・ルイ... 気になる >>
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧