カテゴリ
日記
雑誌原稿アーカイヴ
活字が・書いた・テレビ
以前の記事
<   2018年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
映画レビュー『シェイプ・オブ・ウォーター』       『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
              『In Red』2018年3月号掲載



輝かないで輝く主役 サリー・ホーキンス



女がヒーローとして輝く映画が増えてきた。
けれど、正義についての葛藤もなく真正面にヒーローを描きづらい現状にあって、女という意外性が便利に使われているだけだとも。

映画は、ヒーローになれない、はずれ者の男もその存在をかっこよく刻める場なのだから、きらきら輝かない女についてもそうであるべき。
そこで、サリー・ホーキンスだ。

造作だけをとれば貧相な、76年生まれの彼女を主役にと、監督が強く望んだ2作が相次いで公開される。

「冷笑的な考え方への解毒剤としてつくった」と監督ギレルモ・デル・トロが語る『シェイプ・オブ・ウォーター』は、人魚姫の物語を新しい器にそそいだ、とても美しい映画だ。
そのかたちを一生、心に刻む人も多いだろう。
 
サリー演じるイライザは、掃除のおばさん。
子どもの頃、首を傷つけられ声を失ったらしい。

人魚姫は人間の男に恋をして声を手放すが、この映画ではすでに声を奪われた人間の女が、魚のような奇怪な生き物に出会う。
おとぎ話を信じられなくなった時代に語り直される、転倒されたおとぎ話だ。

62年、冷戦のさなかのアメリカ。
国が密かに運営する研究施設に、アマゾンで捕獲されたそれが運ばれてくる。

鱗に覆われた身体、エラ呼吸。
半魚人だ。

軍事利用の可能性を探るよう命を受けた軍人は、拷問や実験を繰り返す。

イライザはこの施設の掃除婦で、軍人や研究者にとっては見えない存在。
その彼女が、ケダモノとして扱われる存在に心を寄せるようになる。

声を持たない者同士、交流が生まれ、やがて。

その愛しい人が解剖されると知り、守る以外の選択肢はない。
国を敵にまわし、二人は果たして。

イライザに助太刀する同僚、隣人はそれぞれに社会の少数者だ。
彼女自身も、愛する人もそう。

真実を射抜くのがおとぎ話だが、この物語は、異物を排除する現在のアメリカを社会を非難する。

一方、彼らを侮辱し制圧する軍人は、どんどんバケモノじみていく。真に醜いのは誰か、何か。

監督が子どもの頃に夢中になった、半魚人の映画が出発点のこの映画には、クラシックな映画への愛情がたっぷり込められている。
イライザの部屋は映画館の屋根裏で、彼女と隣人はミュージカルの大ファン。

美しいことはスクリーンの中だけでしか起こらない、と思いさだめていたのに。
この醜い現実にも愛は生まれるのだ。

優しき隣人はイラストレーターで、 サリーは『バディントン』シリーズで 移民のクマくんと暮らす一家の母親にして挿絵画家を演じているが、自身の両親も絵本作家だそう。

そして『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』ではカナダの人気画家に。

のちに愛らしい素直な風景画で広く愛されるモードは、リウマチを病む不自由な身体で、家族の半端者として苦しんでいた。
自活しようと、住み込みの家政婦に。

いやいや彼女を受け入れたのは、魚売りの孤独な男。
人と接することが難儀な二人が、すこしずつ近づいて。

奇妙な同居生活のうちに、モードは絵を描く自由と喜びを広げていく。
その傍らにはいつも、 仏頂面の彼がいて。

縮こまる身体を強い魂ではね返すモードを体現するサリーも、ともに暮らすことで身のうちにあたたかいものを育てていく夫を演じるイーサン・ホークもいい。

脳内に自分の世界を豊かにもつ人。
きらきらと現実を勝ち抜いてはいけないし苦しむが、その豊かさを守るためなら強くなれる。

サリーが演じるのはそんな主役だ。


[PR]
by hiromi_machiyama | 2018-04-29 20:51 | Trackback
信濃毎日新聞「怪しいテレビ欄」2018/2/21
「普段スクープされる側の芸能人が個人の見解を話しに集まるワイドショー番組です」とただし書きが提示される、フジテレビの「ワイド ナショー」。

国際政治学者の肩書で出演した三浦瑠麗の発言が、取りざたされています。

東野幸治と山崎タ貴アナが進行し、松本人志がコメンテーターとして番組の中心に構えるこの番組。

くだんの放送 は、松本が「瑠麗さんって酒飲んだらめっちゃエロくなるって」と言い出し、嬉(うれ) しそうに笑って「自分でもよくわからない」と三浦に転がされた松本が「エロっ!」。

山崎アナが「喜びすぎですよ」とあきれる展開で始まりました。

その後、冒頭のただし書きがあって、本編へ。

平昌オリンピックについてまずVTRで、関本式前日に軍事パレードを行った北朝鮮が選手団を派遣、日韓首脳会談も行われ、オリンピックが外交の舞台になっているという問題提起がありました。

そのVTRを受けて東野に「どうですか」とふられた三浦は、軍事力を見せつけつつ、女性応援団などで融和を演出する 北朝鮮の梶棒(こんぼう)外交」がまんまと成功しているという解説を披露。

すると隣の長嶋一茂が、韓国の人から実際に話を聞いたところでは、脅しに屈してもいないし融和ムードにのせられてもいない、「まったく疑わしい」と三浦解説を覆しました。

笑顔をキープしていた三浦に再び東野が水を向けると、「実際に戦争が始まったら」と話を展開させ、「テロリストが仮に金正恩さんが殺されても、スリーパーセルと一言われて、もう指導者が死んだっていうのがわかったら、もう一切外部との連絡を断って都市で動き始める、スリーパーセルっていうのが活動すると言われているんですよ」「テロリスト分子がいるわけですよ。それがソウルでも、東京でも、もちろん大阪でも。今 けっこう大阪やばいって言われていて」「潜んでます」。

この一連の発言に、在日コリアンへの憎悪を煽(あお)りかねないと批判が起きています。

これを受けてのブログや取材での三浦の発言も、批判を一層強めることに。

なぜフジテレビはこの発言を放送したのでしょうか。

「言われていて」などと不用意に広められた、根拠の不明瞭なうわさ話が、民族憎悪の惨劇を扇動した例は、歴史上繰り返されています。

さらに日本と在日コリアンの歴史と現状についても鑑みれば、この発言が放送されるべきではないのに、なぜそうならなかったのか。

バラエティーだし、ただし書きがあるし、オープニングのやりとりが示すように三浦もタレント的な存在だから問題ないと考えたのか。

そもそも歴史をご存じないのか。

そしてなにより、最近の在日コリアンへの冷たい世情をまったく感じていないのか。

答えが知りたい。


          


[PR]
by hiromi_machiyama | 2018-04-29 20:28 | 雑誌原稿アーカイヴ | Trackback
映画レビュー『ラブレス』『ラッキー』
『In Red』2018年4月号掲載



生きることはほしいこと でも本当にそうかしら?


 
社会にとって価値があるかないか。

そういう基準を提示して虐殺を正当化したのはナチスだが、その考えは様相を変えて受け継がれ、脱工業化を経た現在の消費社会では消費能カの高い人間こそが尊ばれる。
より多くほしがることこそ社会への積極参加であり、貢献であり。

『ラブレス』はそれがどんな冷たい地獄かを記す、警告の書だ。
凄まじい完成度で、あなたたちがいるのはここだと突きつける。

ロシアの郊外の瀟洒なマンション。
一流企業に勤める夫、美容サロンを営む妻。
離婚を決めお互いに新しいパートナーがいる。
妻より若い女、夫より経済力のある男。
これまで以上の幸せを得る気満々だから、今の停滞にはイラつくばかりだ。
11歳の息子を相手に押しつけてしまって、早く次へ進みたい。

そんな時、息子が行方不明になる。
夫婦は彼を探すが、果たして。

アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の脚本と演出は冷徹この上ない。
息子が消えて悲しい、この夫婦にもそういう感情はあるが、それは誰かに見返りや謝罪を要求する為の道具にすぐに転じる。
なにしろ彼らがひたすら求めるのは他人から羨望される、満たされた「自分」だ。
そういう「自分」を損なう要素は排除したい。
人間的で素直な感情であろうと。
満されたくて悲しみすら持続できないのだ。
ただただほしがって。

社会のシステムもそれを歓迎していることを、怠惰で官僚的な警察を好例に描く一方で、監督が示す唯一の希望は報酬もなく普意で不明者を捜索する人々だ。
一列に並び、声を掛け合い、冷たい森を進む彼らの姿は、大きなカに抗う神話の中の闘士の荘巌さ。
凍えた胸が震えた。

もはや他に手はないのだろうか。
『ラッキー』には別の答えがある。

昨年9月に91歳で亡くなった俳優ハリー・ディーン・スタントンの人生を取材し、ご本人が主演した。
演じるのは、荒野の小さな町の小さな家に独居する男、ラッキー。

いわく「孤独と一人暮らしは意味が違う」。
毎朝目覚めるとタバコを1服し、ヨガの5ポーズを21回ずつ、またタバコを吸い、コーヒーを飲み、近所のダイナーで軽口を言い合い、クイズ番組を見て夜はまた行きつけのバーへ。
その繰り返し。

そこにすっと、繰り返しが終わる予感が忍び込む。
そして、軌道がすこしだけ変わる。

それだけの話なのに深く静かな場所へ連れて行ってくれるこの映画で、達者な演技を披露するデヴィッド・リンチをはじめ、クセの強い監督たちが重要な脇役を任せてきたのが、俳優スタントン。

幼い頃の、そして従軍中の沖縄での体験など、彼が話していたことを散りばめた脚本は、長く近くにいたアシスタントたちがまとめたもので、監督は脇役俳優の後輩ジョン・キャロル・リンチ。

映画の中で出会ってほしいから引用するのがもったいない哲学的な至言の数々がつぶやかれるが、決してラッキーは達観しているわけではない。
死を恐れ、同性愛者を嫌ったり女性を傷つけた昔とも向き合う。

克服できない過去、癒しがたい悲しみ。
それらを抱えてラッキーは立っている。

敬愛に満ちたこの映画で彼が大好きなマリアッチを従えて歌うラブソングの美しさ。
「降伏する準備はできている」、愛とはそういうものだろうし、勝ってほしがるだけの人生に価値はあるのか。

真実には実体があるが、それさえやがて消える。
永遠はなく、手元には何も残らない。
そう承知で、他人に「好きにすりゃいい」と言えて無の暗い深淵に微笑みを返せる人。

できることなら、かくありたい。






[PR]
by hiromi_machiyama | 2018-04-14 21:56 | 雑誌原稿アーカイヴ | Trackback
トップ

放送作家・町山広美の日記
by hiromi_machiyama
ライフログ
フォロー中のブログ
メール
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧